アパートの一室のリフォーム8 枚の写真
木造二階建て四戸のアパートの一室に、家主の部屋を作ることになりました。北側と東側が細い道路の角地部分。南側には8階建てのビル。居住する部屋は1階なので南からの光は望めません。 空間構成を考えるにあたって、端にあった玄関を移動し、二つの部屋の中央付近にあった小さなユニットバスを玄関に変えました。二つの個室を北側と東側の外光の確保できる位置に取りました。 一室のみのリフォームでしたが、アパート全体の構造のバランスを考えながら構造の補強の位置を決めました。小さな部屋でも使いやすくするため、引戸を多用し、明かり障子やガラスを用いて、奥まで光が届く工夫としました。 木の建具、木製フローリング、シナ合板の家具、キッチンや天井と、淡い色の木で室内を仕上げました。